走り高跳びの極意 吉田孝久 練習方法 コツ

吉田孝久監修の走り高跳びの極意の練習方法とは?

吉田孝久監修の走り高跳びの極意(DVD2枚組)は、日本陸連の強化合宿でも取り入れられている一般では知ることが出来ないトップ選手も実践している練習方法やコツが数多く収録してあります。

 

このような悩みがありませんか?

・記録が伸び悩み、ライバルに差をつけられている。
・助走や踏み切りの時に足首に痛みを覚える。
・練習を十分にやったはずなのに試合で結果が出ない…。
・今の練習方法で本当に高く跳べるようになるのたろうか?
・どのように生徒に指導すればいいのか悩んでいる。
・教え子を勝たせてやりたい…。

 

など、このような問題を抱えているようなら、このDVD教材が今のあなたの悩みを解消するきっかけになるでしょう。
何故なら、この走り高跳びの極意の監修である吉田孝久さんは日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチであり、元・日本記録保持者という実績に加えて現在の日本のトップ選手を数多く育成している練習法や指導法などを全て公開しているからです。

 

まずは、走り高跳びの極意を実践すればどのようなメリットがあるのか?その内容の一部を下記動画からご覧ください。↓↓

 

 

走り高跳の極意の詳細を見てみる

 

 

走り高跳びのコツ

走り高跳びは、世界の主流となっているのはフォースベリーが始めた背面跳びですね。頭からバーを越え、背中でバーをまるで見ているかのように鮮やかにクリアしていく跳び方です。

コツ

 

助走は9歩から11歩くらいで、バーに向かって逆の「J」の字を描き、直線の4〜6で跳躍に必要なスピードを出して、曲線で踏み切りの準備を作るようになるかと。
スピードは大切になりますが、スピードが出すぎてしまうと踏み切りで流れてしまうので、リズムも重要になりますね。

 

踏み切りは、片足で強く踏みつけて跳びあがるようになるので、足を鋭く突っ張るようにするのがコツになるかと思います。
空中でのバーのクリアランスは、顎を上げて、頭を後ろに落とすことで腰を浮かせて、直後にお尻を突き出して返すと足が向けてきます。

 

同じ高さに挑戦できるのは3回までで、試技数も順位に影響してきますから、出来るだけ1回で跳ぶようして力を温存しておきたいものです。

 

記録を向上させるポイント

その為、走り高跳びで記録を伸ばすために押さえておきたいのは、@姿勢、A軸、B腰、C曲線です。
トップ選手の跳び方を見ても、この4つが重要になるでしょう。

 

初めのスタートでは地面を力強く地面を押して、弾むようにスタートして、次に8割くらいの力でストライドを広げて、最後の曲線部分でスピードを落とすことなく、体を1本の軸のようにして、水平方向の速さを、高く跳ぶ力に変えていきます。

 

曲線で注意したいのは、重心を下げる動きでしょう。膝を曲げたり、腰を落としたりして重心を下げるのは良くないですからね。
またコーナーで内傾することで、体が前に突っ込まないで、おのずと重心が下がる感覚をみにつけておくといいです。

 

踏み切りでは、1本の棒のようにして跳びますが、体幹に力が抜けている部分が1か所でもあると、上手くいきません。
正しい姿勢でかかとから入るようにするのが踏み切りでは大切になるでしょう。

 

その他にも、腕の振りや振り上げ足も上手く使って、上にあがる力を得ることで、水平方向のスピードを垂直の跳び上がる力に変えます。
体を反らしてバーを越えた後は、体を折り曲げるようにして背中から、マットに着地するようになります。

 

走り高跳びの世界・日本記録は?

世界記録は、キューバ出身の元走高跳選手のハビエル・ソトマヨル が出した2.45m。
日本記録では、これまで醍醐直幸選手の2006年7月の出した2m33でしたが、ドイツ・カールスルーエで行われた陸上の室内競技会で13年ぶりに戸邉直人が2m35で日本記録を更新。

 

走り高跳びをやる選手なら、誰よりも高く跳びたいですね。

 

走り高跳びの極意の内容とは?

このDVD教材の監修である吉田孝久さんは、走り高跳びで優勝記録6回、コーチとしても優勝者輩出回数歴代2位という輝かしい実績がありますので、その内容も確かです。

上記の走り高跳びの記録を向上させるポイントを押さえて練習するだけです。

 

それには、姿勢と軸のキープ術を簡単に体得し、腰を意識した曲線の走りを見直して身体への負担を軽減させる、怪我の防止で常にベストコンディションをキープさせることです。

 

また、走り高跳びではメンタル面も影響してきますから、本番で強くなれるのもこの教材の良いところではないかと思います。

 

何より、この端高跳びの極意では現役の走高跳選手、初心者から指導者までを対象にして作ってあるので、様々なタイプの選手や悩みにアプローチ出来るように練習法が数多く紹介してありますので、自分の悩みや苦手としてる局面に絞って学ぶことが出来ますよ。

 

更に、個人でも充分に練習に取り入れられる内容も多く、軸のブレを確認するにはご自身の動きをスマホなどで動画に撮って確認するのもいいかもしれませんね。

 

無理のない練習法で記録を伸ばすうえで大切となる、姿勢を見直す、軸をキープする、腰の動きを意識する、曲線の走りがこれまでと変わってくることがすぐに実感することが出来るでしょう。

 

主な内容をピックアップ

■理想的な姿勢を生む簡単な方法とは?
■飛躍力をバックアップ!腕使い+歩行で簡単に掴めるベスト姿勢キープのコツとは?
■踏み切りやすいポジションに腰を移動させるトレーニングとは?
■腰の使い方で飛躍が変わるポイントとは?
■記録向上をバックアップする腕使いの強化とは?
■自分に適した踏切を見つける方法とは?
■もっと極めたいブレない軸とは?
■踏み切りやすい姿勢とは?
■より良い踏み切りをサポートするドリルとは?
■強靭な軸作りに貢献のスラローム走とは?
■より本試合の踏み切りに近いイメージ作りとは?
■踏み切り力と飛躍力よりバックアップする助走練習法とは?
■美しい空中姿勢を習得するポイントとは?
■オリンピック強化コーチが考える記録向上に繋がるリズムとは?

その他にも、まだまだ一般では知ることが出来ない内容が盛りだくさんです。

 

また、吉田さんはオリンピック強化コーチの経験がある為、その指導内容は教え子に指導するうえで大いに参考になるはずです。やはり、選手が伸びるか伸びないかは指導者の影響力が大きいです。

走高跳の極意の口コミ

吉田孝久先生には、日本陸連主催の強化合宿はもちろく、通常のトレーニングでも定期的にご指導して頂いています。
今回のDVDでは、走り高跳びに直結する動き作りから効率の良い走り高跳び練習方法がご紹介されています。
実際に日本陸連の強化合宿等で行っているものがおおく収めてあるので、誰よりも高く跳び記録を伸ばしたい選手、指導者の方々必見です♪
記録向上が期待できるだけでなく身体の構造に基づいた確立された技術を身につけることで、怪我をしたりすることを最小限に抑えられる筈です。
間違いなく、走高跳選手の記録向上を後押しするDVDに間違いないです('ω')ノ

これまでと違った新しい感覚が自分の中で身についていることを実感しています。
腰の動かしかたを意識して基本ドリルを行うことで、不必要な余計な力を入れずに体の動かしかたが効率よく出来るようになりました。また、走り高跳びだけでなくスプリントでも腰をうまく動かすことで効率的な走り方に繋げることができています♪

吉田先生はオリンピック選手で、元日本記録保持者だったりと、現役時代の選手としても素晴らしい経歴を持っておられます。
長年の経験から練習に試合に対する姿勢やモチベーションなどのアドバイスも教えて頂くことができ、日々新しい気づきを得たりと刺激を受けています。
ドリルなどの動きも一流で素晴らしく、見本を生徒にみせてくれます。その動きも熟練されていて、イメージを掴みやすく分かりやすです(^^♪

走高跳の極意のメリット、デメリット

デメリット
■市販本などに比べて値段が高い
■しっかり取り組まないとお金の無駄使いになる
■メールサポートや返金保証はない

 

メリット
■初心者からの様々なタイプの選手の上達に参考になる内容
■短期間で記録を伸ばすフォームから体作り、イメージの描き方まで分かる
■オリンピック強化コーチのトップ選手も実践する練習メニューや指導法が分かる

 

走高跳の極意の最安値はどこ?

これから商品を購入する方にとっては、少しでも安く購入したいもの。
色々調べたところ、日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチ、元・日本記録保持者吉田孝久監修の走高跳の極意は、インフォトップや楽天、アマゾンでも販売されていることが分かりました。

 

価格は楽天で19,850円(税込)、アマゾンで19,500円(税込)でした。
楽天でレビューを書いて500円キャッシュバックをうけたとしても、19.350円です。

 

その為、走高跳の極意(DVD2枚組)は情報商材・電子書籍販売大手のインフォトップの公式サイトが最安値です。
価格は17,000円(税込18,360円)で、送料の540円を加えても18.900円ですので、450円から950円程度は安くなりそうです。

 

楽天等で購入するのもいいですが、少しでも安く買いたいなら、インフォトップの公式サイトがおすすめです。

 

まとめ(評価)

日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチ、元・日本記録保持者の吉田孝久監修の走り高跳びの極意(DVD2枚組)をまとめましたがいかがでしたか?

 

この教材は、一般では知ることが出来ないトップ選手も実践する練習・指導法がわかるのが一番の特徴です。
多種多様な悩みを抱える選手へオールマイティにアプローチする練習法が分かる点が評価できるかと思います。

 

陸上競技は常に自己記録との戦いです。もちろん、試合での勝ち負けもありますが、走り高跳びならセンチ単位の自己ベストを目指し、それを達成することで大きな満足感を得られます。

 

ですから、この教材のおすすめな人は、
●今の練習方法で記録が伸びるのがと思っている
●助走や踏み切り時に足に痛みを覚えるなど、怪我をしない効果的な練習メニューを知りたい
●指導に行き詰まりを感じている
●記録が伸び悩んでいる
●しっかり練習を重ねても試合で結果が出せない

 

などの方達。
ただ、教材の内容が良いと言ってもやはり値段が高いですよね。
ですが、いつも頑張っている自分にたまには少しくらいご褒美をあげてもいいのではないでしょうか。

 

また、この走高跳びの極意(DVD2枚組)は、選手みんなで使えるものですから、中学や高校などの陸上部の顧問の先生が買えば、この先部活動で使えみんなから喜ばれるに違いありません。
気になる方は、一度チェツクしてみるといいかと思いますよ。

 

\一番オトクに購入できるのはココ!/

更新履歴
page top